保護犬

浅田美代子さんは、「赤い風船」でデビューし、「となりの美代ちゃん」と呼ばれ人気でした。

お世辞にも、上手とは言えない歌手でしたが、芸能界に40年位居るわけですから、大御所ですね。

 

浅田美代子さんは、何匹の犬を飼っているのでしょうか?

浅田美代子さんが行っている、動物愛護活動の内容も紹介しますね。

Sponsored Link


浅田美代子のプロフィール

浅田 美代子さんは、1956年2月 生まれの62才です。

となりの美代ちゃんも、60才越えなんですね。

 

しかしながら、親近感とキュートな表情は、今も変わらずです。

1977年7月に吉田拓郎と結婚し芸能界を引退しました。

しかし1983年に離婚をして、芸能活動を再開します。

 

浅田美代子の愛犬(元 保護犬)の名前は?

Sponsored Link



浅田美代子さんは、現在3匹の犬を飼っています。

 

浅田美代子さんは、母親を亡くした時に、精神的に追い込まれ引きこもりのような状態になっていました。

助けてくれたのが、当時飼っていた2匹の犬でした。
何もする気がなくても、犬たちの散歩や、お世話をしなければ、犬たちは死んでしまいます。

犬たちのお世話をすることで、立ち直り、その後も保護犬を預かったりしています。

浅田美代子の愛犬 アヴィ

浅田美代子さんの愛犬のアヴィは、処分寸前のセンターから引き取った、はじめての保護犬です。

 

千葉の動物愛護団体からアヴィを2009年の5月に引き取っています。

当時、飼っていた桃太郎の弟、柑太郎が2008年に亡くなった後、次に犬を飼うのであれば、ペットショップからではなく、保護犬を引き取りたいと考えていました。

初めは、しつけや精神的な影響を考えると自信はありませんでしたが、捨てられてしまう命に対して、力になりたいと保護犬を引き取りました。

 

浅田美代子の愛犬 与作

浅田美代子さんの愛犬の与作は、ミニチュア・ピンシャー犬で、やはり保護犬です。

 

作家の山田美保子さんのお宅にトライアルに行きましたが、山田さんの飼い犬と与作の双方にストレスがかかっているということで、トライアルは終了しました。

トライアルは失敗しましたが、「メレンゲの気持ち」には、与作は浅田美代子さんの飼い犬として出演していましたね。

 

浅田美代子の愛犬 COO(クー)

浅田美代子さんの愛犬のCOOは、真夏の屋外で100匹ほどが放し飼いだった劣悪多頭飼育から、引き取りました。

 

人馴れしていなくて、ずっと縁の下でうなっていた犬です。

そのため、引き取り手を見つけるのが難しそうだったため、浅田美代子さんが預かりました。

 

ぼろぼろで汚れていたため、5~6才位と思ってましたが、歯が真っ白で、多分生後1才位の犬と判明しました。

ダニだらけでドロドロだったCOOちゃんを、浅田美代子さんがダニを一つ一つ取って、ブラッシングしてきれいにしました。

 

浅田美代子の愛犬 ダイア(2018年8月 虹の橋を渡る)

浅田美代子さんの愛犬のダイアは、残念ながら、2018年8月に病気で亡くなりました。

View this post on Instagram

 

悲しい別れが沢山あった今年。その中で、8月に私の大事な大事なダイアさんとの別れもありました。信じられないことでした。7月にご飯を食べない一日があり、夏バテ?と思いすぐに病院に行き、血液検査をし(血液検査では異常はなく…)、薬をもらいその日は良かったのですが又食べない。そして吐いた… えっ‼︎と思い又病院へ。詳しく検査してもらったらあり得ない結果が… 世界でも症例がほとんど無い‼️病気。 自己免疫疾患からのリンパ球形質細胞性腸炎、平滑筋炎… 腸が全く活動しなくなってしまうという… 何で何でダイアが⁉️ この診断をして下さった主治医の先生には本当に感謝です。 消化器専門の病院にも行きました。自分に出来ることは何でもしてあげたいと思った。 少ない症例によると発症してから、2日〜100日の生存率… ステロイドが効けば100日の可能性も。でもダイアには効かなかった。 それから1カ月、8月13日、あまりに早い死でした。 食べられなくなり鼻からのカテーテルで栄養を…後半は水を飲むと吐いて苦しいので水も止められました。いつもある3箇所の水場に行き「何でないの〜?」という顔が忘れられない。こんな早く死んでしまうなら思いきり飲ませてあげたかった…ごめんね。 認められずに泣き暮らしていたら希林さんの入院… もしかしたら 私はバァバに付き添うことでダイアの死から救われたのかもしれない。 ダイア、可愛い子でした。 ダイアはアメリカチャンピオンで遠いアメリカからブリーダーさんの元へ。(このブリーダーさんは悪徳繁殖業者とは違うちゃんとしたブリーダーさんです。) 生涯1匹しか子供は産まれず、繁殖は向かないと思い3歳の時にうちの子として迎えました。 元気で一番長生きすると思っていたのに…悲しくてずっと書けなかった。 ダイアさん、大好きだよ。10歳と8ヶ月、もっと長生きしてほしかった…うちに来てくれてありがとう。 今は天国で桃太郎、チャメと走り回ってるかなぁ…ダイア、会いたいよ…

美代子さん(@miyoko_asada)がシェアした投稿 –

浅田美代子が行う動物愛護団体の活動内容は?

浅田美代子さんは、10年以上前から動物愛護団体の活動に携わっています。

 

動物の愛護や管理に関する法律の改正を求め、小学校などで、講演もおこなっています。

 

現在は終了してしまいましたが、浅田美代子さんは動物愛護法改正の署名募集サイトも行っていました。

動物愛護法改正に向けた要望項目
1. 犬猫の繁殖業について免許制の導入を! 【取扱業】

2. 動物虐待・ネグレクト事案をはじめ不適切飼育について動物保護制度を! 【所有者全般】

3. 不適切飼育の監督について民間の活用・行政との連携を! (日本版アニマルポリス)【所有者全般】

4. 緊急災害時のペット同伴避難の推進を! 【所有者全般】

出典:http://miyokoasada.com/shomeiyoushi.pdf

私も犬を飼った時は、保護犬という制度があることを知らず勉強不足でした。

もし、次の犬を飼うときは、保護犬を飼いたいと思います。

まとめ

Sponsored Link



保護犬は、汚いとか病気があるとか、しつけをしても学ばないとか、偏見があるようです。

しかし、浅田美代子さんは、保護犬でも、しつけもできるし、しっかり懐くと話されています。

 

保護犬の制度が広がって、保護犬が一匹でも減っていくことを願います。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link